2014年08月06日(Wed)

三日月豆ちゃんのこと

少し前のこと。
今年の春頃に一緒に展示をしようと話していた苔玉作家の三日月豆ちゃんが早くに逝ってしまった。
あんまり駆け足だったので、受け入れるのにたくさんの時間が必要で。
そんな中、ポーポー屋さんで開かれた「三日月豆ちゃんの唄会」は、三日月豆ちゃんが大好きだったふちがみとふなとさんと良元優作さんのあたたかい唄と、おいしいごはんと、やさしい人たちに囲まれて、とても豊かな時間でした。
ゆっくりと心が解けていくのが分かったけれども、文字にするにはまだ少し時間が必要で、気がつけば8月になっていました。

写真は、まだ少し寒さが残る3月の空。
お別れの日、どう伝えたらいいのか分からず外へ出て、空を見上げると、自然と「またね」という言葉が浮かんだので、きっと、そういうことなんだろうなと納得して撮った一枚。
いろいろあるのがふつうで、いろいろあるほうが豊かなのだけれど、受け入れがたいいろいろもそっくりそのまま、まぁるく包み込んで生きていければ素敵だなと改めて思ったのでした。

8月になってやっと気持ちに一区切りがついたので、今まで通りのんびりしたものになるとは思いますが、また少しずつ更新していこうと思います。

securedownload-2.jpeg

2013年11月23日(Sat)

ううじん 2ndアルバム プロジェクト

たくさんの想いを唄と音で伝えてくれるううじんさん。
CDだから擦り切れることはないけれど、それでもどこか擦り切れるんじゃないかと思うくらい土圭屋で聴いています。
1stアルバム発売から6年。
じっくりと温められた2ndアルバム製作へ向けて、ひとつのプロジェクトが動き出しました。

「ううじん 2ndアルバム プロジェクト」

9月頃からううじんさんとやり取りをして、10月からは土圭屋も参加させていただいております。
モノが生まれ、それを必要としてくれている人の元に届く。
その過程にも思いを馳せることができるプロジェクト。
そんな風に言っても良いんじゃないかなと思います。
土圭屋のオーダーwatchも同じ。
出来上がるまでにたくさんの想いをのせ、お待ちいただく。
時計というカタチあるものだとなんとなくイメージが浮かびやすく、アルバムをつくるということになると途端にふんわりしてしまうのですが、モノをつくるということに変わりはなくて。
たくさんの想いがカタチになって、それを必要としてくれている人の元に届ける、その準備段階に携われることが出来て嬉しいなぁと思います。
店頭では、ご予約の際、直接ううじんさんに届くメセージも書いていただけます。
もっと詳しく知りたいと思われた方は、ううじんさんのHPでご覧くださいませ。

*土圭屋での「ううじん 2ndアルバム プロジェクト」は、2013/12/8(日)で一旦締め切らせていただきます。
12/9以降のご予約、メッセージ等は、ううじんさんのHPまで。

2013年11月09日(Sat)

土圭展 vol.2

今週からはじまりました。


土圭展 tokei-ten vol.2
『すすみ、もどり、すすむ』
2013.11.6(wed) – 12.2(mon)
in CHUBBY


今回の展示では、逆回転する時計も何点かあります。
逆回転というだけで、ひと呼吸おいてすこし考えてしまう時計。
よくよく考えたら、確認したいのは時間なのだから、瞬時に確認出来たほうが便利なのだけど、、、
そのひと呼吸の中に起こるいろんな感情もまた楽しんでもらえたらなぁと思います。
時を計るのに、なにもすべてが時計回りでなくても良いんだと、再発見。
やっぱり、時計作りってオモシロい。

期間中、ワークショップもさせていただきます。
詳細、ご予約はCHUBBYさんまで宜しくお願いいたします。

ワークショップ
あなただけのオリジナル時計をつくれます。
料金:16,800円
①11/30(sat) 14:00〜17:00
②12/1(sun) 14:00〜17:00
ともにドリンクとデザート付き
ご予約/
tel: 03-3324-6684
mail: contact@franx.jp
※件名を「土圭屋ワークショップ」とし
お名前、人数、ご希望日、連絡先を添えてご連絡下さい。

R0018136.jpg

2013年07月20日(Sat)

マツリゴト

お昼過ぎ、鳥かごビルの前の道を、かわいい4匹?4頭?の獅子舞たちと御神輿がにぎやかに通り過ぎて行きました。
カメラを持って外に出ると、1階のかふぅさん、2階のポーポー屋さん、4階の+Granny’sさんも、みんな外に出てきていて、鳥かごビルはしばし空っぽ。
通り過ぎるまでずっと眺めていました。
今週末はいろんなところで夏祭りがあるみたいですねー。

そして、明日は全国的に「まつりごと(=政)」のいろいろが決まる日。
できるだけたくさんの声が、まっすぐに届くといいなと思いながら、一票を投じてこようと思います。

R0016085.jpg

2013年02月14日(Thu)

Honda Smile Mission

更新が遅れてしまい、すでに放送が終了してしまったのですが、、、
2/14(木)朝、東京FMのHonda Smile Missionという番組で土圭屋を紹介していただきました。
とっても素敵なルーシーさんとプチェコ(←車)が北堀江に遊びに来てくれました。
放送は終わってしまったのですが、取材していただいたときの様子が番組のホームページでみることができます。
宜しければ、ちらっと覗いてみて下さいませ。
Smile Missionって素敵なミッションだなぁ、こっそり真似をしよう。。。と思ったのでした。

R0017267.jpg


2012年09月15日(Sat)

土圭展 vol.1

土圭屋にとっての2012年秋は、びっくりするくらい早く、そして駆け足でやってきました。
滞っていたいろいろを、ようやく落ち着いて動かしはじめた9月。
東京代田橋にあるカフェCHUBBYさんでの個展がはじまりました。
展示させていただくのは、今年で3回目。
「土圭展」という言葉に込めたのは、改めて思い返した初心と、つくり続ける覚悟のようなもの。
vol.2、vol.3、と、この先ずっとつくり続けるために、まずはしっかりと土台を踏み固めるような、そんな作業をしたんだと思います。

つくること、繋がること、続けること。

そんな単純なようでとてもたいへんなことを、いつも当たり前のようにやってのける人がいる場所、カフェと聞いて、お茶やごはんや空間よりも真っ先に人が思い浮かぶ場所、CHUBBYさん。
10/8(mon)までの1ヶ月間、どうぞ宜しくお願い致します。

『土圭展 tokei-ten vol.1』
2012.9.12(wed) - 10.8(mon)
in CHUBBY

R0016876.jpg



そして、真っ先に人が思い浮かぶ場所がもうひとつ、大阪にも。
大阪中崎町にあるiTohenさん。
明日9/16(sun)まで、福岡在住のカバン作家cotomonoさんのカバンがギャラリーに並んでいます。
素材、色、カタチ、大きさ等、つかう人のことを徹底的に考え、細部にまでこだわり抜かれたカバンたち。
永くつかうことを当たり前のように考えているんだなぁと感じさせる造りに、自分のモノ作りの根底にあるものと似たものを感じます。
作者の今村さんも一日在廊されてます。
お近くまで来られましたら、ぜひお立ち寄り下さいませ。

R0016929.jpg


オーダーメイドの手作り腕時計 土圭屋(とけいや)

〒562-0011
大阪府箕面市如意谷2-8-22
info@tokeiya.org
Copyright (C) tokeiya. All Rights Reserved.